クレ・コーポレーション

マンション経営のメリット

マンション経営(投資)とは、マンションを購入して自分自身が住むのではなく、そのマンションを賃貸することにより、入居者から長期的に家賃収入を得ていくことであります。
マンション経営というと建物一棟全部の経営とイメージされがちではありますが、マンションの一室(区分所有)もマンション経営です。福岡市中心部の単身者、学生などが一人で住むマンションなどは一室ずつオーナーが違うケースが急激に増えております。なぜなら、一室を購入して、マンション経営を始められる場合、たとえローンを利用されても、家賃収入でほとんど返済できてしまうため、頭金も少額で、簡単にマンションオーナーになれるからです。また、将来不安視されている年金対策や、給与所得者であれば節税対策など、マンション経営がもたらす様々なメリットもありますので、効率的、中長期的な資産運用が可能となります。

少額の資金ではじめられる

いまやマンション経営は、なにも特別な方だけのものではありません。一定の収入がある給与所得者であれば、ローンを利用して物件(1住戸)を購入できますから、サラリーマンや公務員の方でも、少額の自己資金で簡単にはじめられることがマンション経営の魅力です。

高い利回りが見込める

マンション経営は安定しているだけでなく、他の資産運用と比較しても高い利回りが見込めて魅力です。現在では利息配当や株主配当は低い水準のままですし、高い利回りが期待できる投資商品は高いリスクをともないます。また、その運用には知識も必要です。ローンを組んで自己投資を抑えたマンション経営なら、専門知識も不要で高い投資利回りが得られます。

生涯、安定した収入が得られる

公的年金には大きな将来不安がつきまとい、「年金崩壊」さえ現実味を帯びる状況にあります。マンション経営による家賃収入は、先細りとなっている公的年金だけに頼らならい、老後まで続く貴重な安定収入をもたらして、老後の安定した生活を実現します。

万一の際には生命保険となる

ローンを利用してマンションを購入すると、借入金額にたいして団体信用生命保険がついてきます。オーナー様に万が一のことがあっても、保険金でローンの残債が相殺され、残されたご家族には無借金の資産(マンション)が残ります。ローン自体がなくなり、家賃収入がほぼ毎月の実収入になります。 しかも、この団体信用生命保険は、年齢による保険の掛け金の違いがなく、通常の生命保険と比較しても掛け金が安く設定されています。また売却し現金化することも可能な資産です。

所得税や相続税等対策として

マンション経営をすれば不動産事業主となるので、確定申告をすることで所得税の還付を受けることができます。また、住民税も減額されます。 2015年1月に相続税の増税が実施されたため、相続を受ける方のなかで課税対象が大きく広がりました。経営するマンション(賃貸不動産資産)は、預金などの金融資産に比べ課税評価額が低くなり、また税制上の優遇が利用できるので、より多くの資産を引き継ぐことが可能です。