クレ・コーポレーション
  •  > マンション経営コラム

マンション経営コラム

2015.11.11

株式投資VSマンション経営 "人生への投資"として見たその違い

値上がり益、配当金...と、高い収益が株式投資の魅力です。


将来の自分の"人生への投資"として魅力があるといわれるのが、株式投資です。株式投資の最大の魅力は「値上がり益」。買った株式が値上がりしたところで売却した際の利益のことで、よく耳にする「キャピタルゲイン」はこの「値上がり益」のことです。株式投資には、ほかにも配当金や株主優待制度もあって、これらはすべて預貯金にはないもの。このように株式投資は、預貯金にはない"高い収益性"が魅力なのです。
現在のように長く低金利が続いていると、特別な投資家だけでなく一般の方も注目するのは、うなずけます。




ハイリターンは、当然ハイリスクをともなう、株式投資も同じです。


株式投資の最大の魅力が「値上がり益」だということは、裏を返せば「値下がり損」のリスクもあるということ。ハイリターンは、当然ハイリスクをともなう、株式投資も同じです。
株式投資で「値下がり損」のリスクを回避するのは可能なのでしょうか?株式投資の入門書には"打つべき手はある"と書いてあります。




株式投資で損をしないためには...


株で損をしないために"打つべき手"とは?
それは、「銘柄の分散」「購入時期の分散」といわれる手法です。

「値下がり損」のリスクを減らす手法のひとつが、複数の銘柄に分けて投資をする「銘柄分散」で、複数の銘柄に投資することで、ある銘柄の値下がりを他の銘柄の値上がりでカバーすることが望めます。

「購入時期の分散」は、購入した銘柄が下がった場合に用いられる買い足し、「ナンピン(難平)買い」という手法のこと。たとえば、1,200円で買った株式が1,000円まで下がった場合、そのままにしておくと株価が200円上昇しないと投資資金を回収できません。でも、1,000円で同株買い足すことで、1株当たりの単価は1,100円となり、株価が100円上昇すれば投資資金が回収できる(損が防げる)ことになります。

なお「銘柄分散」は、同一業種の銘柄を複数買うのでは、その業種が不況に陥った場合に、一斉に値下がりするというリスクがあるので、複数の業種にまたがった銘柄買いをする必要があります。
どうも、"打たなければならない手"は多く、それも複数業種のマーケット動向について、ある程度以上の知識と株価の先読みができなければ"うまく打てない" ようです。

また「購入時期の分散」手法では、さらに下がり続けた場合どうすればいいのでしょう?"打たなければならない手"をずっと打ち続けることは、(株価の動きを365日/24時間見るならばできるでしょうが)とても難しい気がします。

そもそも、株式を購入した会社に予期せぬ不祥事が発覚して、その株が大暴落した場合には、"打つべき手"は、ほとんど残っていないように思えます。




一方、マンション経営は...


"人生への投資"として私たちがお薦めしている「マンション経営」には、専門知識も、マーケットや株価動向の365日/24時間監視もいりません。必要なのは、マンション購入時に、「いい場所のいい商品」であるかどうか(借り手がつくマンションかどうかの)検証をすることだけです。
しかも、優良な「マンション経営」のパートナーを選べば、あとは任せて安心です。
マンション経営には、入居者募集・選定から、入居手続き、家賃の集金、入居後の管理(クレーム処理等)・建物管理、退去手続き・敷金精算、メンテナンス、新たな入居者募集といった煩雑な業務が続きますが、優良なパートナーなら"そのすべてをシステム化した"「安心のバックアップ」体制が整っています。だから、任せて安心!

オーナー業務はパートナーの代行システムに任せ、オーナー様は家賃を受け取るだけ。一切の手間はいりません。そのうえ、マンション経営は、魅力のローリスク。
サラリーマンであるあなたが、将来の自分の"人生への投資"として考えるなら、これくらいの手軽さや安心感が備わっていてほしいものです。